イージス・アショア配備反対のスタンデイング


イージス・アショア配備反対のスタンデイング秋田県イージス・アショアを考える県民の会は28日、秋田県庁前で迎撃ミサイルシステムの配備反対を訴えました。防衛省は「6月1日に県知事・市長に説明をする」との報を受けての緊急スタンデイング。
配備候補地秋田市新屋の「イージス・アショアを考える勝平の会」や市民が「ミサイル基地反対」「あんべ悪いなイージス・アショア」「戦争に巻き込まれるのはご免です」などなどの手づくりボード、横断幕、ノボリをかかげ反対をアピールしました。
参加者は「夕日が見える緑豊かで平和な秋田市を守りたい」「反対の声を押し切る基地建設反対。地域住民の声を聞け」「青天井の税金の無駄遣い、役に立たないイージス・アショアはいらない」とリレートークで呼びかけました。
通りがかりの男性らは「ミサイル基地なんて絶対反対だ」「こんなものを持ってこられるのは困る」などと話し、激励していきました。

ボードをかかげてイージス・アショア配備反対を訴える加賀屋千鶴子県議会議員(左から3番目)。


もどる
(c)日本共産党秋田県委員会
秋田市中通5丁目1-19 
TEL 018-833-7854 FAX 018-835-7952 E-mail jcp-akt@theia.ocn.ne.jp